A Cool Life

エアコンの取り外しに要注意|ケガする前に業者を呼ぼう

家庭用とは全く違う

性能が充実している

エアコン

家庭で使う家庭用エアコンと、会社や店舗、工場などで使う業務用エアコンは全く性能が違います。まず、重量が違っています。当然、業務用エアコンは一気に広い場所を温めたり、冷やしたりする必要があるので大きさも大きいのです。そのため、風量もかなり強く設定することができます。特に、夏の暑い時期は重宝すること間違いありません。工場で締め切って製造作業をしているところなどは、外の気温以上になることがあります。そんな時に強烈な冷風を出せる業務用エアコンは必須です。そのため、業務用エアコンは性能が充実しており、価格も高めとなっています。それでも長く使い続けるのなら有効的です。購入する場合、専門販売店を活用しましょう。一般的な家庭用エアコンなら、電気量販店で手軽に購入できます。一方、業務用エアコンはその辺の電気量販店では手に入りません。業務用製品を専門的に販売しているお店で購入することになります。それから、広さによって一台では足りないこともあるので、よく検討しましょう。大きな工場では何十台も使うことがあります。一斉に稼働すれば、それだけ効率的に温度の調節ができるので効率的です。購入するのなら、まとめて購入しましょう。その方が価格も割安になることがあります。また、最近はスタイリッシュなデザインのものも増えてきています。業務用というと野暮ったいイメージがついていたものの、インテリアの一つとしてデザイン性が豊かなものもあるのです。どこで使うかによってデザイン性も考慮して選びましょう。

タイプごとのメリット

男性

業務用エアコンとは、多くの人が集まる飲食店やオフィスなどに設置するエアコンです。家庭用のエアコンと比較するとサイズが大きく、性能が良く耐久性も高いという特徴があります。そのため、広々とした空間でも効率良く室温を調節できますし、しかもトラブルを起こしにくく長持ちしやすいと言えます。ただし業務用エアコンにはタイプが複数あるので、使い勝手を考慮しながら選ぶ必要があります。具体的には業務用エアコンには、天井埋め込み式のものと、床設置式のもの、そしてオールダクト式のものとがあります。天井埋め込み式の業務用エアコンは、吹き出し口が大きく、一度に2〜8方向へと送風できる点がメリットです。さらに本体が天井の内部に設置されるので、空間が圧迫されたり、インテリアの妨げになったりする心配がありません。次に床設置式のものですが、これには足元にもしっかりと送風できるというメリットがあります。テーブルやデスクの下は、夏には蒸れやすく冬には冷え込みやすいのですが、設置後はこれらによる不快感が生じにくくなるのです。そしてオールダクト式の業務用エアコンは、本体から複数のダクトが伸びています。それぞれで送風できるので、1台で複数の箇所で空調効果が発揮されることになります。ただしその分本体のサイズが大きい上、配管にも手間がかかるので、多くの場合は建物の建築時や改修時に設置されます。このように業務用エアコンは、タイプごとに特徴が異なっているので、環境に合わせてベストチョイスをすることが大事です。

広さや時間

業者

エアコンといえば、家庭用のルームエアコンがもっとも身近な存在ですが、大規模な店舗になってくると業務用エアコンが使われています。業務用エアコンを導入する理由としては広い空間や熱源などがあり気温上昇がしやすい環境下において強力に冷却しなければならない場合などがあります。ただし業務用エアコンは家庭用エアコンと比べると省エネですが、使用する時間によってはコスト負担が大きくなります。そもそも家庭用エアコンはルームエアコンと呼ばれるように部屋を一時的に空調することが目的であり冷却する空間の設定はそれほど大きいものではありません。また長時間の利用を想定しておらず、どちらかといえば短時間で部屋を冷却することが主な目的です。一方で業務用エアコンでは、比較的広い空間を想定して作られており、また1日中付けっぱなしといったものにも耐えうるように作られています。このため長時間使用する分には省エネですが、冷却したい部屋の広さやその使用する時間によっては返って割高になります。この理由としては業務用エアコンは電源が単相200Vまたは三相200Vになることや消費電力そのものが大きいことが原因です。日本の電気料金は最大使用電力量で契約することになりますが、当然ながら業務用エアコンを導入すると基本料金が増えるため維持コストが増えることになります。ただ一方で使用電気料金は低くなります。このため一般的には100平方メートル以上の場合や人の出入りが激しいお店や熱源のあるような場所では業務用エアコンに強みがありますが、それらの条件が合致しない場合には家庭用エアコンの方がコストが掛からない場合があります。

店舗やオフィスの空調設備

男の人

業務用エアコンはハードな環境で運転する場合が多く、信頼性や耐久性が求められます。設置工事にかかる費用は機種や建物の状態によって大きく異なるため、コスト削減のためには複数の業者から見積を取ることが大切です。

詳細を読む

業者に頼むと楽ができる

業者

エアコンの取り外しは専門業者にお願いしましょう。その方が安全で安心です。引越し時や新しく買い替えた時などに依頼することになります。また、部屋から部屋への移動の時にも業者に任せましょう。重たくて危険だからです。

詳細を読む

家庭用とは全く違う

エアコン

業務用エアコンは家庭用エアコンと違って、大きくて重量があるものばかりです。その分、性能も充実しており、価格も高めとなっています。効率的に温度調節ができるところが魅力的です。特に、工場などでは何十台も稼働することがあります。

詳細を読む