引越し時などに利用可能

丁寧に作業してくれる業者

メンズ

エアコンは一度設置すると何年もそのままで使用ができるアイテムですが、故障時や引越し時などは取り外しをせざるを得ない場合も出てきます。故障してまた新しいエアコンに付け替える場合には、販売店に依頼をすると取り外しと取り付けの両方を行ってくれますが、引越し時は個人で業者に依頼しなければならないです。その際にはインターネットなどを活用してエアコンの取り外しを行ってくれる業者を探すことになります。取り外し費用は業者によって違いがありますが、おおよそ5,000円から10,000円前後の間が相場と言えます。取り外しと取り付けの両方を依頼する場合には価格が変動するため、業者に確かめてみましょう。エアコンは素人がむやみに取り外しを行うと、内部に充填してあるガスが抜けてしまう場合もあるため、注意が必要です。正しい知識と技術を持っている専門業者に依頼をすることによって、まだ今後も使用予定のエアコンは問題なく外すことができます。引越し先に運んで取り付ける場合には、近い場合には同じ業者に依頼をしておくと安心です。また、遠い場合には最寄りの専門業者を探しておくとスムーズに工事を済ませることができます。業者探しには信頼のおけることが大切であり、見極めるためにはインターネットの口コミなどを参考におこなうとよいでしょう。価格面だけで判断することなく、技術力や丁寧さなども考慮して探すことで、安心して任せられる業者を見つけられます。

プロに依頼すべき理由

男の人と女の人

引越しや買い替えなどでエアコンの取り外しを行うときは、プロの業者に依頼する必要があります。エアコンの取り外しには、知識や経験がなければ上手く行うことができません。エアコンは大きな機械であることは確かですが、その取り外しが難しいのではなく、冷媒ガスの扱いが非常に難しくなってしまうからです。冷媒ガスは、外の空気を室内に取り込むときに、空気の温度を調整する役目を持ちます。その冷媒ガスは、取り外しのときに抜けてしまう可能性があるため、慎重に行わなければいけません。冷媒ガスが抜けてしまえば機能が上手く作用しないので、補充しなければなりません。冷媒ガスの補充は費用が高くついてしまう場合もあるので、自分で取り外しを行うのは避けたほうが無難です。エアコンの取り外しを業者に依頼するのなら、費用を比較して選んでいく方法がおすすめです。これは業者によって費用が大きく異なる場合もあり、どういう方法で依頼するかによっても異なります。家電量販店や引っ越し業者を通す場合でも費用の相場が異なってくるので、何通りかの方法で費用を把握しておけば比較に役立ちます。ただし、取り外しをするエアコンが古ければ、費用が相場より高くかかってしまう可能性があります。古いエアコンは、取り付けの仕方が今とは異なることもあるため、取り外しが難しくなってしまうからです。また、取り付けた場所も費用が左右しやすくなります。一戸建ての場合は、1階よりも2階が難しくなってしまうので、エアコンの型や場所には注意しなければいけません。

作業の過程を知るのも大切

作業員

引越や買い替えなどでエアコンを取り外しをする時は、引越業者や購入店に依頼していることが一般的です。エアコンの取り外し工事のみの場合は、平均6000円から10000円となっています。一方では、取り外しをセルフで行い工事代金を節約する方法もあります。また、工事過程を知っていれば、料金内容や工事に際して注意しなければならないことが理解できます。ただし、セルフで行う場合は、設置場所が高い場所に無いなどの注意が必要です。エアコンの取り外しは、本体である室内機と室外機とその二つを繋ぐ配管を取り外すことになります。取り外しの事前準備として、室外機のカバーやキャップの取り外しを行いバルブの閉鎖を行います。この時に、もっとも気をつけることは、エアコンを強制冷房運転をしてフロンガスを室外機に送り込み封じ込める作業です。これをしないと、大気中にフロンガスが放出され環境破壊に繋がります。この後は、感電しないように電源プラグを抜きます。そして、配管を取り除き室内外機を撤去します。エアコンを取り外した壁には、ホースを通した穴が空いています。新しいエアコンを取り付ける場合は問題がありませんが、そのままにしておくと部屋のカビなどの原因になります。一時的に、ガムテープで塞ぐことはできますが、事前にクーラーキャップを用意しておくことが大切です。クーラーキャップは、ホームセンターで販売していますが、大きさが形がありますので壁の穴の形状を確認しておく必要があります。工事業者の場合は、ほとんどが有料で穴を塞ぐ処理をしています。セルフでも業者に依頼するにしても、最も注意が必要なのはフロンガスの封じ込め作業です。間違った操作をすると、室外機が壊れる可能性がありますので慎重な作業が必要です。

店舗やオフィスの空調設備

男の人

業務用エアコンはハードな環境で運転する場合が多く、信頼性や耐久性が求められます。設置工事にかかる費用は機種や建物の状態によって大きく異なるため、コスト削減のためには複数の業者から見積を取ることが大切です。

詳細を読む

業者に頼むと楽ができる

業者

エアコンの取り外しは専門業者にお願いしましょう。その方が安全で安心です。引越し時や新しく買い替えた時などに依頼することになります。また、部屋から部屋への移動の時にも業者に任せましょう。重たくて危険だからです。

詳細を読む

家庭用とは全く違う

エアコン

業務用エアコンは家庭用エアコンと違って、大きくて重量があるものばかりです。その分、性能も充実しており、価格も高めとなっています。効率的に温度調節ができるところが魅力的です。特に、工場などでは何十台も稼働することがあります。

詳細を読む